前へ
次へ

不動産買取の仲介と比べた場合のメリット

普通の仲介においての売却期間の目途としては、3か月越え、速くて6カ月とされています。
しかしながら、買取での買い主は、不動産業者になります。
それを受けて、仲介とは異なって、購入の希望者を見つけ出すための活動期間が無いといえます。
更に、希望者の内覧対応もありません。
不動産業者の示した額に折り合いがついた場合、すぐ売却可能です。
目安としては、速くて2週間、遅ければ1か月程となるので、スケジュールが立て易いという利点があります。
さらに、マイホームを買い求めた際、ローンを設定する方がほとんどです。
戸建並びにマンションといった不動産を売りに出す場合、現実的にローン完済が前提条件です。
仲介を活用し売却する場合、価格がローン残債を下回ると、差額を売主が補填する必要があります。
しかしながら、買取は、ローン残債について、不動産業者が金融機関との話し合いを代わってしてくれるため、新しくマイホーム購入を予定しているケースでは、ローン計画が立てやすいといえます。

Page Top