前へ
次へ

不動産買取を実施する上での留意点

買取の売却の金額については、仲介と照らし合わせると安くなることがほとんどです。
このことが数多くの人が買取を選択しない一番大きい理由です。
仲介ならば、エンドユーザーの買い主自身が暮らすために確保することがほとんどになります。
こうした理由からリフォームを実施するかは、その買い主次第です。
それに対して買取のケースでは、買い入れた物件をリノベーション、あるいはリフォームを通して付加価値を付けてから、再販させることがいまどきのトレンドです。
要するに、物件を再販する際に売ることができると踏んだ販売価格から 、リフォーム費用 、粗利益、金融機関の事務手数料などの費用を引いて、買取価格を計算しています。
その額は、凡その相場としまして仲介の7割~8割程になります。
こうしたとても大きなデメリットを納得できるのかがキーポイントになります。
ですから、不動産買取の価格は相当低いことを覚悟することが重要になります。

Page Top