前へ
次へ

不動産の買取を活用する利点とは

仲介を選択する場合宅建業法上、物件検索サイトへと掲載しないといけないこともあり、外に重要な情報が出易くなってしまいます。
さらに、不動産業者のウェブサイト、あるいは店頭に重要な情報が記載されます。
ですので、勤め先の仲間や周辺の人が知るといった場合が多くなります。
事と次第によると、現在暮らしているエリア内の新聞折り込みやポスティングに因る投函も実施される場合があります。
買取は、対不動産会社となるため、身近な所に知られることがほとんど無いでしょう。
また、 仲介に関しましては商談成立後、不動産会社に対して物件価格に見合った仲介手数料を払うことが求められます。
しかしながら、買取にあたっては仲介に入らないことから、仲介手数料は必要ありません。
ひとつの例として、3,000万円の土地、建物を譲渡した場合、仲介手数料の上限額に関しては96万円となります。
仲介手数料が掛からないことはとても大きなメリットです。

Page Top