前へ
次へ

不動産買取と仲介取引との相違点

一般的な仲介においては、買い主と売主が協議上引き渡しの日を決定します。
買主がいつ頃から住みたいかそして、売主がどのタイミングで引っ越せるかなどがあることから、 その必要な条件が合っていないと契約の取り交わしも決めることが不可能です。
最悪、契約の締結そのものが破談となります。
そのあたり、不動産業者の買取りに関しましては、不動産会社の状態にも影響されますが、 一定の融通は聞いて貰えます。
さらに、仲介に於きましては瑕疵担保責任というポイントもあります。
売主については引き渡しより3か月の間に建造物に問題点があったケースでは 修理補修など応じる責務があり、国の法律で規定されています。
したがって、売った後に露呈した雨漏りなどにも対処しなくてはなりません。
不動産買取のケースでは買取るのが不動産のプロフェッショナルになります。
ですので、こうした取り決めは適用されません。
プロフェッショナルであるから、きちんと把握後に買っているという前提になります。

Page Top